ハイドジキル、私&キルミヒルミ 似てる素材のドラマかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 ヒョンビン主演のハイドジキル、私とチソン主演のキルミヒルミ

別名DIDという多重人格、二重人格者を特徴で表れる精神病の一種である珍しい素材が
水木ドラマキルミヒルミとハイドジキル、私が同時間帯に同じ素材で放映されています。
視聴者の立場では、同じ素材の水木ドラマのため、どれを観た方が楽しいのか迷うと思います。
今回のキルミヒルミとハイドジキル私比較分析レビューを参考で、
もっと自分のスタイルに合った水木ドラマを視聴できるように選んでみてくださいね~~

キルミヒルミ

キルミヒルミ

7つの多重人格体素材を使用したドラマです。
多少難解することがあり、視聴者の立場では1話からみないとキルミヒルミを視聴するのは楽しくないかも知りません。
なんと、人格の主体人格を含めて7種類もなるからです。
キルミヒルミが解いていく多重人格素材の利用率は、キャラクター性に集中しており、
この部分を7つの人格体として多様に活用して豊かな見どころを示します。
チソンの7段変身と言えるか?(笑)

キルミヒルミ主体人格チャドヒョン(チソン)
チャドヒョン(チソン)

物静かで落ち着いてる言い方である彼は、すべてを制御し、誰のことだて無視せず、
道徳的であり、気が弱いと同時に..グループの後継者でもあります。

多重人格の開始は祖母の虐待と事故の後遺症
まだ、正確な多重人格の開始は分かりませんが、これまでの推測では
地下室を怖がるということ、抑制する祖母の影響もあり、
大火事で、父が昏睡状態であること、、、
すべての外部の圧力に耐え出すために6つの複数の人格体を作って
自分自身を保護することになったようです。
これらは、主な人格のチャドヒョンの防御意識であるわけです。

6つの複数の人格体を操るリーダーシンセギ

シンセギ

暴力的でシニカルな衣装が好きで、目にアイラインを描くのが特徴で多重人格のリーダーシンセギです。
主体人格チャドヒョンを崩して、自分が占有しようとして、自分が惚れた彼女のためにチャドヒョンを圧迫するようになります。
初恋に大切に考えているが、
女性主人公のオリジン(ファン·ジョンウム)が好きで、
傍若無人にオリジンを困難させています。

ぺりパク

ぺりパク
ぺりパクはフェリーが好きな全羅道出身の男であり、特徴は、爆弾の製造技術です。
リアルななまりと分かれた前髪がぺりパクの外観の特徴で
他の人格たちよりも交渉を重視する人格です。

アンヨソプ

アンヨソプ

アンヨソプは自分が誰かに捨てられたとき表れる人格的にでキルミとペインティングして特技は屋上で自殺しようとする危険な人物です。
自殺ですべてを終えたいと思う辛い高校生人物で
チャドヒョンの潜在的な心理状態に近い人格に見えます。

ナナとアンヨナ

ナナ
アンヨソプと双子の人格体であるアンヨナは
強烈な精神的苦痛を感じたときに示れる者として
思春期の子供のように飾る事が大好きな女子高生の人格であります。
チソンの驚くべき女性演技を見ることができる人格でもあります。
そしてナナはまだドラマで具体的には出てないですが、ナナが登場したときに、
地下室で発見された点から見て地下室の関連があるような人格に見えます。

キルミヒルミの最大の葛藤は7つの人格体のドタバタ事件·事故で

キルミヒルミドラマの最大の特徴
キルミヒルミドラマの最大の特徴は、まさに7つの多重人格であり、
この人格のため、常に収拾しながら生きていかなければならない痛ましい主体人格チャドヒョンの苦労が見られると思います
自分の病気のために誰にも被害が無いように友達も知人も家族も誰とでも仲良くならないで、ひたすら孤独に一人で複数の人格と戦っています

キルミヒルミの魅力ポイント

オリジン

耐えられない強烈な7つの人格体のせいで誰とでも仲良くしなかったですが、精神医学レジデント1年目のオりジンとは近いざることを得ない。
一番危険な人格的リーダーシンセギが彼女を好きで、チャドヒョンは彼女から離れようとしてもシンセギは彼女を見つけることになります。
しかし、これまで誰もの心にドアを開けなかったチャドヒョンは唯一にオリジンにはオープンして治療のために自分の多重人格を監視するためにオリジンの助けを受けることになりました。

主体人格チャドヒョンとオリジンの感情

チャドヒョンとオリジン

キルミヒルミ主人公チソンは、人格の飛び出す時は楽しく見れるけど、
いざ主体人格チャドヒョンにはあまりにも苦しい状況ですね!
現実的な多重人格の端的な苦痛を見せてくれて
チャドヒョンが持っている深い悲しみと葛藤を感じさせてくれます。
しかし、そんなことをすべて忘れさせてくれる彼女オりジンの存在は、
チャドヒョンには救いの手であると同時にただの患者と医師の関係ではなく、
内面の痛みを一緒する友人であり、恋人関係に近づいていく進行形であります。

ハイドジキル、私

 ハイドジキル、私

厳しい財閥男とサーカス団長の出会いと言うことができる
ハイドジキル私は現実的なキルミヒルミに比べて
さらに、仮想のようなファンタジーなドラマです。
遊園地を所有している財閥男と
唯一のサーカス団長の女性の出会いは、絵本で飛び出すそうな内容にみえますが、
これが女性を攻略したドラマでもありますね!

主体人格クソジン:ジキル

 主体人格クソジン:ジキル

遊園地を運営する経営者であり、グループの後継者でもある
彼は、道徳的価値や慈悲、謙虚、親切、このような言葉とは
距離が非常に遠い利己的な男です。
自分が気に入らない場合は、サーカスもつぶしてしまって
人も頑として解雇させるどうしようもない財閥男である。
ひたすら本人の安全(?)が重要であり、外部圧迫から自分を保護しようと
とても努力している。だから、利己的なのは基本でかも知らないですね!

二重人格ロビン:ハイド

 二重人格ロビン:ハイド(ヒョンビン)

主体人格クソジンに比べて二重人格ロビンは正反対の人格です。
人を助けるのが特徴で、助けることが好きでしなやかな口調と優しい雰囲気!
そしてロビンの笑顔は、爽やかに見えるほどです~~~
こんなに主体人格よりも二重人格ロビンがさらに魅力的であるという点は残念だけど、
多分、二重人格ロビンがあるため、主体人格クソジンが魅力的に感じられるほどです。
珍しくもかれらはお互いに話をして、ルールを立てて共生する関係です。
しかしながら、お互いに敵視する姿もあります。

ロビンの人間関係とウェブトゥーン

 ロビンの人間関係とウェブトゥーン

「ウェブトゥーン」は、韓国語で웹툰(ウェプトゥン)という。
웹(web、ウェブ)+툰(cartoon、漫画英語)の合成語。ウェブトゥーン(Webtoon)とは、インターネットを意味する「WEB」と、漫画を意味する「cartoon」が合わさった造語でネット上で読める漫画のこと。DaumやNaverなど大手ポータルサイトで人気を集めている。

出典:www.kpedia.jp

クソジンより人間的なロビンはクソジンも知らない人間関係があったという事実が独特です。
社会的に害を加えず、本人の好みであるウェブトゥーンを描いて、それを人々と疎通します。

ひたすら自分のことしか知らないクソジンとは違う人格です。
作家の言葉によると、人間の本性は本来善であると言ってロビンの存在を説明したものとみなしてロビンは、純粋で善良な本性を意味するようです。

ロビンの開始は、チャン·ハナを助けるようになったきっかけからです。

ロビンの開始は、チャン·ハナを助けるようになったきっかけからです。

クソジンのもう一つの人格体ロビンが飛び出してきたのは、チャン·ハナを助けるようになったからだです人を助けられない罪責感のせいかもしりませんが、主体人格のクソジンより勇敢で正義の人を助けることがロビンの特徴です。
子供の頃チャン·ハナを求めるようになり、ロビンはチャン·ハナが好きになりそうです。チャン·ハナが危険にさらされたときに助けなければならないという潜在意識からロビンが出るようになるという事実がハイドジキル私の特徴であります。

クソジンとチャン·ハナロビンの三角関係がハイドジキル私のポイント

クソジンとチャン·ハナロビンの三角関係がハイドジキル私のポイント

決まっているストーリかもしれませんが、まだヨジュはロビンの存在が
くソジンであることを知らずにいる状態です。
くソジンの双子の兄弟のロビンだと考えているので、二重人格の欠点や痛みよりも、
現実的なロマンスではなく、童話の中の雰囲気を作り出すロマンスがハイドジキル私の特徴であり、ロビンとチャン·ハナのロマンスがストーリのポイントのなります。

親しい男と悪い男の魅力対決

親しい男と悪い男の魅力対決

 ハイドとジキルの魅力対決

ハイドジキル私の三角関係が主なポイントになって、悪い男の魅力と親しい男の魅力を
ヒョンビンを通ってよく示しています。
まだ進行段階で比較分析の限界がありますが、
近いうちにドラマの葛藤が始まったことを示唆しています。
二重人格の葛藤ではなく、興味をそそるだれかにより、二重人格のロビンとクソジンが
チャン·ハナを守る内容に流れそうに見えます。
そのような点でキルミヒルミよりは複雑ではないと思います。

終わりに

チソン&ヒョンビン

似てる素材のドラマを自分なりに比べてみました。

ストーリの展開や特徴は似てるように見えますが、違う所もかなり多いですね。
どっちらも楽しく観れると思います~~~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です