ソン・へギョ💕パク・ボゴム主演「ボーイフレンド」2話視聴感想を紹介します。

皆さんは愛はどこから始まると思いますか!

個人ごとに異なる理由を持っていて、それぞれの魅力の人に惹かれます。
そして、その始まりは、好奇心であるか、社会的防御機能がずさんになった隙からです。誰も私を知らない所で、私でさえ見知らぬ所、ときめきと小さな不安が共存する場所、
その場で彼も私を知らないで私も彼が知らない、今この瞬間だけ許された人に会ったとき、彼は優しくてハンサムで可愛いと、理由もなく親切になったり、隠された自己表現をすることになります。

チャ・スヒョンにはそうでした!
自分をかちかち防御する必要がない人
抑圧された小さな離脱を実現しながら、休ませる場所との出会いでした。

そのように出会った二人のストーリはどこに向かうのか、ボーイフレンド2話のレビューを紹介します~~

スポンサーリンク

ボーイフレンド2話あらすじ

ボーイフレンド2話のあらすじはこちらです

ボーイフレンド2話のあらすじはこちらです

「ボーイフレンド」2話レビュー

出典:http://www.tving.com/main.do

二人は魔法のような思い出を、過去と言う時間に埋めてしまって、明日を約束せずに別れました。
チャ・スヒョンにはまだ見せる人生と自分だけが知っている人生を生きなければならない現実がこまかく組んでいます。
しかし、その魔法の事件は偶然に来て、いう間に消える事ではなかったようです。
チャ・スヒョン会社の新入社員としてキム・ジニョク(パク・ボゴム)が入社したものです。
お互いがお互いに触れる前に開始された運命!

愛は運命なのか?
キューバで偶然の出会いがなかったら、チャ・スヒョンとキム・ジニョクは決して親しくなることができなかっただろう。
チャ・スヒョンの周辺には、好奇心旺盛な眼がいつもあり、会社の代表と新入社員の
私的な交流が起こることができなかっただろうから、お互いが見えなかっただろうから
愛が入り込む隙間がなかっただろうから。
その後、彼らの出会いは運命にならなかったと思います。
運命は偶然がもたらす瞬間のきらめきだった。
切実な人々は、その光を掴んで光が率いる道に沿って、暗闇の中を抜けると思います。

キム・ジニョクはチャ・スヒョンが持てない自由と若い稚気がありました。
自分が持てないのを持っている美しい人に惹かれないことはできないと思います。
自分が惚れたのが人なのか?それとも自分が望む夢を持っているその人の中の自分の夢なのか区別するのはとても難しい事です。
好奇心はそのように始まります。

他人には何もないこと!
さらに芸能人に劣らない関心の対象になって、高速道路のサービスエリアでラーメンを食べることさえ問題になってマスコミに上り下りチャ・スヒョンには、小さな離脱の自由さえ大きな慰めになりました。
キム・ジニョクと一緒の瞬間が、自由の風に吹かれているようでした。

チャ・スヒョンは、姉のような人としてキム・ジニョクと一緒にする時間が楽しかったです。
汚れてなく賢明なキム・ジニョクが社会的境界を理解して個人的な利益のために私心を持った人ではないことを彼女は本能的に知っていました。
そして自らもそのような境界を守り、関係をコントロールすることができると自信を持っていました。

チャ・スヒョンとキム・ジニョクがただ、親しい関係で会うことがメディアに問題になりリアルタイム検索に上がり、関係の決定をしなければなら瞬間があまりにも早くてきた気がします。
まだ子供のように傷を受けず、保護された世界に存在したかのようなキム・ジニョクに…
そして、社会的人生が与える狭い限界の範囲にいつも自分を締めうずくまって隠して生きて来たチャ・スヒョンに…

チャ・スヒョンはキム・ジニョクの私的自由を侵害してに申し訳ないと思い、
キム・ジニョクは、自分が会う人がどんな人なのか考えなければならないきっかけになりました。
まだ愛でもないのに・・・

「ボーイフレンド」視聴率&スケジュール

「ボーイフレンド」視聴率

ボーイフレンド2話の視聴率は10.3%です

「ボーイフレンド」スケジュール

ボーイフレンド3話ー12月5日

ボーイフレンド4話ー12月6日

放送します。

最後に

あんまりにも離れすぎの身分で二人の間には愛が芽生えない気もします。
チャスヒョンが今の自分を捨てて彼を選ぶには引っかかるのが多いと思います。
命をかけたようなドンファホテルから父母・・・
キムジニョクも一気に身分上昇する事になるには、彼が受ける傷が相乗も付かないほど厳しいと思います。
極、普通のロマンスに見えながら普通ではない「ボーイフレンド」は結果が出るまでは
主人公の二人には息が苦しくなることだと思います。

ソン・へギョ,パク・ボゴム,ボーイフレンド,남자친구