ソン・ヘギョ&パク・ボゴム主演の「ボーイフレンド」台本リーディング現場

11月に放送予定のソン・ヘギョ&パク・ボゴム主演で期待を高めている「ボーイフレンド」の台本リーディング現場が10月5日に公開されました。

11月初放送予定のtvNの新しい水木ドラマ「ボーイフレンド」は、
一度も自分が選択した人生を生きた事がなかったチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)と
自由で澄んだ魂を持っているキム・ジンヒョク(パク・ボゴム)の偶然の出会いから始まるロマンスドラマで期待を集めてています。

スポンサーリンク

「ボーイフレンド」の最初の台本リーディング

「ボーイフレンド」の最初の台本リーディングは、8月に上岩洞で行われましたが、
今回はソン・ヘギョさん、パク・ボゴムさんはもちろん二人の主人公の父母役の
ムン・ソングン(チャスヒョンの父)-ナム・キエ(チャ・スヒョンの母)
チャ・ファヨン(チャ・スヒョンの元姑さん)と、
シン・ジョングン(キム・ジンヒョクの父)-ベク・ジウォン(キム・ジンヒョクの母)
ピョ・ジフン(キム・ジンヒョクの弟)など、
全出演者が総出動して最初の出会いから特急ケミを誇示しました。

「ボーイフレンド」の最初の台本リーディング

画像出典:http://www.xportsnews.com/jenter/?ac=article_view&entry_id=1026220

女主人公:ソン・ヘギョ&男主人公:パク・ボゴム

特に政治家の娘で一瞬間も自分が望む人生を歩んだことがなかったEx-財閥の嫁
チャ・スヒョン役を演じるソン・ヘギョは、落ち着いた柔らかい口調で、現場の雰囲気を一気に曲げました。
これに加えて、彼女はセリフ一言一言に感情をそのまま溶かし出すメロ演技の職人の姿にすべてのスタッフを集中させました。

また、平凡な日常を満足して大切に生きる純粋青年キム・ジンヒョク役を演じるバク・ボゴムは「青いブドウのような青年キム・ジンヒョク役を演じるパク・ボゴムです」と爽やかに挨拶をして、挨拶と同じくらい清涼な魅力を洗い流して皆を微笑ませました。
さらに彼は、最初のシナリオリーディングにも徹底した準備としての英語のセリフから
泥酔演技まで完璧に消化して感嘆を誘発しました。

何よりも、ソン・ヘギョ-パク・ボゴムの滑らかに交わる声と呼吸を示し、台本リーディングだけでも爆発的なロマンスの力を誇示して、皆をときめくようにしたといわれました。
二人が描かれていく運命の愛の物語に期待感が増幅されると思います。

最高の俳優の組み合わせ

だけでなく、ソン・ヘギョの運転手であり、良い友達ナム・ミョンしく役のコ・チャンソクは名不虚伝甘草演技を演じる予定で、ソン・ヘギョの秘書役のジャン・ミジン役の
クァク・ソニョンはソン・ヘギョと実際の友人のようなケミを披露しました。
加えてソン・ヘギョの姑役にチャ・ファヨン、ソン・ヘギョ、父母役にムン・ソングン&ナム・キエ、パク・ボゴム父母役にシン・ジョングン&ベク・ジウォンが引き受けて、しっかりした演技力を土台にドラマをより一層豊かにしてくれる思います。
これと共にキム・へウン、キム・ジュホン-チョン・ソニ、ピョ・ジフン、イ・シフンさんもキャラクターに完全に溶け込んだ演技力で最高の呼吸を披露しました。

このように、ソン・ヘギョ-パク・ボゴムをはじめとする「ボーイフレンド」の全出演陣は、聞くだけでも場面が描かれるような演技力と笑いが絶えない楽しいケミストリーに台本リーディング現場を満たしました。

バク・シンウ監督&ユ・ヨンア作家の一言

これに「ボーイフレンド」の首長バク・シンウ監督は
「ありがたい方達の面々を見ていると、本当の頑張らなきゃいけないな!という気がします。終わった時により堂々となれる作品になるように努力します」と大長征の抱負を伝えました。
続いてユ・ヨンア作家は「とても感謝申し上げたいです。残りの台本もお選びいただいたキャラクターが揺れないように懸命に書きます」と挨拶を伝え、俳優たちは力強い拍手で応えてファイティングを言いました。

ボーイフレンドのスタッフの一言

「ボーイフレンド」の制作陣側は”再び見ることができない俳優の組み合わせが、このドラマで行われたようです。ソン・ヘギョ&パク・ボゴムなど、すべての俳優たちの幻想的な呼吸と演技力が引き立って見える楽しい台本リーディングだった」とし「すべての俳優らとスタッフらが一致協力してくる11月には、切なくさせる愛の物語でお会いします。
多くの期待お願いします」と伝えました。

最後に

スタッフの話のように幻の俳優たちの組み合わせですね!
ソンヘギョさんとパクボゴムさんの年齢は12才ほど離れているようですね、二人の演技に不自然なところはないと信じています。
11月初放送予定のボーイフレンドを応援しましょうね~~