救命胴衣の紐で結んだまま…一緒に天国へ

スポンサーリンク

こんにちは。

キャプチャ
最近、仕事もできないくらいかなしいニュースが毎日流れてます。

4月16日は家族の誕生日だったので、
朝からパーティーの準備をしてる最中、
速報でスマートフォンにメールがきました。

韓国のフェリーが沈没した!!というニュースだったです。
最初は、みんな救出されるだろう?と軽く考えました。
自分もたまにフェリーで韓国へい帰るので、
そんなに大したことではないと思いました。
救命胴衣や救命ボートなどがすぐ目の前にあるのをフェリーを乗る度にみてたし。
安全の為の案内放送もちゃんとみて確認してたので、
すぐみんな救出されると思いました。

でも、

まさか!

昨日までの死亡者は159人になってました。
多分、これからもっと増えるかも…という怖い事も考えております。
事故から8日が過ぎてるので、奇跡はもうむりかな・・・と悲しい考えもします。

いろんなニュースを見てる間、涙が止まらないニュースがあったので、
紹介します。

潜水経歴35年目の58歳のダイバーは、

1日5回以上潜水をしながら救出作業をしていました。
彼は22日3回目の潜水で信じられない光景を見ました。
その日は水の流れが激しくてサーチライトでも見える範囲は

30cmほどだったそうです。

失踪者を探してるうちに誰かの靴が見えました。
ああ~~ここに誰かいるかもと思い
浮遊物を避けてみたら男性の遺体を見つけました。
両手を合わせて冥福を祈った後、遺体を引っ張りましたが、
なぜか、重い感じで一人では全く動けないくらいの力を感じました。
良く見たら、
1mほどの救命胴衣の紐に何か繋がってる気がして引っ張ってみました。

その瞬間、彼は海の中で涙が止まらない光景を見ました。
そこには女性の遺体が繋がっていました。
彼が潜水できる時間が終わるころだったので、
結んでる紐を緩めて繋がってる女性の遺体を離しましたが、
なぜか、男性の遺体は浮かばなかったです。

医学的に科学的に証明できない事を見て彼は考えました。
この二人はきっと離れたくないんだな!
どんだけ怖かったんだろ?
どんだけ寒かっただろう?

と思ったら涙は止まらなかったし、

長い潜水で二人を助ける事が出来ず、
一旦、水面に戻りました。
次のダイバーにこの話をしてあげて、先に二人を助けるようにお願いしました。
次のダイバーにより、無事に二人の遺体を水面に浮かばせて病院に運ぶ事が出来ました。
この二人は修学旅行中の高校生の二人だったそうです。

3年前、東北地方太平洋沖地震も経験した私ですが、
なぜか、今回のフェリーの事故でもっとパニックになりそうな気分です。
どこの国にも、このような事故・災害は起きないでほしいです。

まだ、事故現場で娘や息子が帰ってくる事を祈ってる家族にあきらめないでください。
と、伝えたいです。

本当に胸が痛くて悲しくて 涙が止まらない
この二人に本当に冥福を祈ります。

暖かい天国で二人で永遠に離れないで幸せに・・・・
3

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする