シン・セキョンRun On(ランオン)を選択した理由

12月16日初放送されるシン・セキョン、イム・シワン主演のRun On(ランオン)に出演を決めた俳優シン・セキョンがJTBC新しい水木ドラマRun On(ランオン)を選択した理由を明らかにしました。

今回は、映画翻訳者役を演じる彼女の心を聞いてみましょう。

スポンサーリンク

シン・セキョンが選んだRun On(ランオン)

シン・セキョンが選んだRun On(ランオン)

出典:https://tenasia.hankyung.com/drama/article/2020112444924

12月16日初放送されるRun On(ランオン)でシン・セキョンが演じるオ・ミジュは管性的に振り返らなければならない映画翻訳者です。
この作品を準備しながら、イ・ジェフン監督と立てた第一の原則は、職業による要素をディテールに表現し、「大体の翻訳者は、このような職業である」と漠然として見せる典型から脱却すること。
「失礼を顧みずにファン・ソクヒ翻訳者に訪ねて、栄養になる多くの話を聞く時間を持ちました」という理由でした。

その時間をシン・セキョンは、「思ったよりもっと苦労を伴う職業であることを感じ、
その職業に多角的にアプローチして理解することができました」と述べながら
「コンピュータを一本指タッチで身につけたけど、それを治すのにもかなりの時間がかかりしました」と言う、面白い話も聞かせてくれました。

シン・セキョンがRun On(ランオン)を選択した理由も、このようにRun On(ランオン)が既存のドラマから脱皮しようとする努力にありました。
「台本を読んだとき、セリフが本当に面白かったです。斬新で典型的でないセリフが劇に活力を加えました」とのこと。
特に「それぞれの人物がかなり長い会話を交わす場面が多いですが、その対話を通じて、それぞれの人物の立体的な容貌と考えがひっそり現れます」という点は非常に魅力的でした。

シン・セキョンによると、彼女が演じるオ・ミジュも「時には我慢せずに思う存分話ながらも、自分が見ずぼらしくなる状況では、限りなく小さくなって、自分の感情にとても率直ながらも、ある瞬間にはプライドを立てワガママな姿も見せたりするさまざまな面が面白いセリフを介して表現されます。
だから、彼女が考えているオ・ミジュは「強いふりをするプードル」であり、
外面と内面との間で生じるとても人間的な隙間のために、より美しい人物だと紹介してくれました。

しかし、このように石ころのような女性オ・ミジュも転機を迎えています。
キ・ソンキョム(イム・シワン)という男性に会い愛を育てながらからです。
シン・セキョンは、「愛に陥ると誰でもそうなるんじゃないかな。自分も知らなかった新しい面を表わして発見するのが真の楽しみでした」とのロマンスのポイントを指摘しました。
例えば「誰かをかわいそうに思うことは、誰かから同情されることを嫌いだった
オ・ミジュがどの異議生活に関与して、さらに手を出すことになること」のような変化でした。

「ギョムミカップル」は、放映前から連日話題を集めています。
シン・セキョンも「まだ放映もされてないのに、ドラマの中のカップルに応援を送ってくれて信じられないほど感動です」としながら、その期待に応える、相手役イム・シワンとのエピソードも軽く伝えました。

シン・セキョンによると、「繊細で思いやりあふれる性格の所有者」というイム・シワンは「暑い夏の日に撮影時扇風機を、寒くなるとカイロをプレゼントしてくれました。
さらにわさびの話をしたことがありましたが、そのわさびを買ってくれた時もあります」と言います。
笑顔が自然に出てくるきれいで温かさもあるケミがどのように出たのか頭がうなずきます。

今までRun On(ランオン)のシン・セキョンの様々な話を聞いただけなのに、すでに期待できる中、彼女は最終的に「愛情が生じると些細な寂しさが岩ほどの大きさで、心に残ったり、小さな楽しみが世界を手にしたように力が出るようにします。
そんな平凡で可愛らしい形の愛を繊細に描いた作品であり、人間対人間として淡泊な慰みを暖かく愉快に抱いている作品で、視聴者の皆さんと一緒にしたいです」という願いを残しました。

記事元:https://tenasia.hankyung.com

最後に

Run On(ランオン)は、2020年12月16日午後初放送されます。
ドラマの内容はまだ明らかになっていないですが、通訳者が素材だったのは私の記憶では初めての気がします。
とても期待できるドラマですね~~
12月16にから紹介しますね~~~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする