サムギョプサルギンパ(삼겹살 김밥)

안녕하세요.

오늘은 오랜만에 요리 비슷한걸 했답니다~

그이름은 삼겹살 깁밥!

한국요리를 좋아하시지 않는 분들이라도 한번쯤은 이름을 들어보셨을듯한

2가지 요리를 합쳐봤어요.

한국에서는 많은 분들이 만들어서 드시고있는걸로알고있는데요.

오늘은 그요리를 한번 해볼께요~~

こんにちは!

今日は、料理とは言えないような料理をしました。

その名は、サムギョプサルギンパ(삼겹살 김밥)!

韓国料理が苦手な方でも一度は名前を聞いたことがあると思う2種類の料理を一つにしてみました。

韓国ではすでにご存じの方も多いと思います。

それでは、サムギョプサルギンパ(삼겹살 김밥)を作ってみましょう。

スポンサーリンク

サムギョプサルギンパ(삼겹살 김밥)材料

サムギョプサルギンパ(삼겹살 김밥)材料

材料はとてもシンプルです。

2本ののり巻きを基準で材料を紹介します。

焼肉用の肉:

バラ肉、豚トロ、肩ロース等々なんでもいいです。

(私は油が少なめの豚トロにしました)

キムチ:

食べ頃が少し過ぎてサンミがあるキムチがいいです。

    酸っぱくなったキムチが痛めた時うまみが出るので、

    出来るだけ酸っぱいキムチを準備してください。

    もし、酸っぱいキムチが無い場合は常温で2日ほど置いてください。

    泡がぷくぷくできてとても酸っぱいキムチになります。

ご飯:

のり巻きを2本作るからお茶碗3分くらいを準備して下さい。

のり巻きはご飯の量が結構必要だから少し多めの量を準備してください。

緑の野菜:

緑の野菜なら何でもいいです。

サンチュ、レタス、小松菜、等々

コチュジャン:

自宅あるコチュジャンでいいと思いますが、

もし、コチュジャンが無い場合はサムジャンでもOKです!

どっちも無いという方は今回購入してみるはいかがでしょうか。

色々使い道があるので、一度買ってみることをお勧めします~~

ごま油・サラダ油:

油はご自宅あるものでOKです。

海苔:

今回、私は韓国ののり巻き用の海苔があったからそれを使いましたが、

必ず韓国の海苔ではなくても大丈夫です。

日本の海苔なら焼きのりで切れてない用をご用意してください。

太巻き用なら適切だと思います。

サムギョプサルギンパ(삼겹살 김밥)作り

キムチ炒め:

まずは酸っぱくなったキムチをサラダ油で痛めます。

サラダ油大さじ1

フライパンにサラダ油大さじ一杯を入れてください。

キムチの上にサラダ油大さじ1

その上にキムチを適量を入れてください。

キムチは残ればビールのつまみやチャーハンに仕えるので多めに痛めておいても全然大丈夫ですが、今回使った量は400グラムほどです。

大体400~500グラムのキムチにサラダ油大さじ1を入れて炒める事を目安にしてください。

サラダ油をたくさん入れると逆にキムチが油っこい味になりますのでその辺は気を付けてください。

ちなみにキムチチャ半を作る時はサラダ油とバターを半分ずつ入れると香ばしい味がします。

キムチ炒め1

キムチを炒め始めます~~

 キムチ炒め2

少しずつ色が変わりますね~~

キムチは強火で5分くらい炒めると水分がなくなり焦げそうに見え始まったらお水と大さじ3程入れてください。

キムチは強火で5分くらい炒めると水分がなくなり焦げそうに見え始まったらお水と大さじ3程入れてください。

キムチ炒め2

お水を入れたら弱火にしてください。

キムチ炒め3

そしたら水分がなくなり美味しく出来上がります。

この時キムチが辛そうに見えるからとか酸っぱそうだからなどの理由で水をたくさん入れるとキムチがしんなりなりますので、後で食べる時の食感があんまりよくないのでその辺は気を付けてください。

キムチ炒めにごま油を投入

キムチが炒め終わったら最後にごま油大さじ一杯を入れてください。

この時、火は完全に消してOKです。

ごま油を入れる事でキムチの味がもっと香ばしくなります。

★キムチを炒める時からイ味がア好きな方が韓国の唐辛子粉をもっと入れてもいいですが、

コチュジャンはNGです。

同じ赤い色だから辛いイメージがありますが、コチュジャンは辛い味がそれほど強くなく、

炒めると甘みが出るので炒め料理には入れない事をお勧めします。★

これでキムチ炒めが完成です。

キムチが冷めるま今度はお肉を焼きます。

焼肉:

それではキムチが冷める間にお肉を焼きましょう。

焼肉1

 焼肉3 

焼肉3

おお~~美味しそうですね~~

これで大体の準備は出来ました。

次は本格的にのり巻きを巻きます~~

ご飯:

ご飯

ご用意したご飯にごま油を大さじ一杯を入れてください。

普通のご飯を使ってもいいですが、そしたら海苔にくっつきすぎで上手く負けないし、

隠し味としてごま油でご飯に味を付けてください。

写真には黒ゴマと白ゴマが見えますが、それは別に入れなくてOKです。

内は常にご飯にゴマを入れて食べますので~~

それでは、本当に巻きます~~

のり巻き

のりまき

写真のように、海苔の上にご飯をのせてその上に緑の葉っぱ野菜をのせてください。

ご飯を満べなくのせると巻くとき破れる可能性が高くてうまく巻けないので、最後までご飯をのせることはお勧めしません。🙅

のりまき2

その上に炒めたキムチをのせてください。

おおお~~これだけでも美味しそうですね~~

のりまき3

その上に焼いたお肉をお好みでのせてください。

お肉が好きなら写真よりもっとのせてください。

でも、あんまりたくさんのせると巻き時が大変で急に海苔が必要になる可能性ありますので

その辺を考えながら肉をのせてください。

のりまき4

最後にコチュジャンかサムジャンを少しのせてください。

それでは巻きますね~~~

のりまき5

ジャ~~~ン!!

出来ました!

しかし、めちゃめちゃ光りますよね~~

実は、韓国の海苔巻きは海苔がしっかりくっ付くように2~3分ほど置いてから切る前にごま油をぬります。

なにでヌルの?と疑問を持つ皆さん~~

ビニルの手袋をはめて海苔巻き1本にゴマ油大さじ1/2を縫ってください。

ついでに包丁にも塗ると着る時海苔巻きがもっと綺麗に切れますので、包丁にも塗ってください。

大量の油を塗る必要はありませんのでご注意ください。

それは切ってみます~~

のりまき6

美味しそうで綺麗ですね~~

もっと近くで写真を撮ってみます~~

サムギョプサル海苔巻き

美味しそうですね~~

キムチを入れたけど、全然辛そうにも見えないですよね。

これで完成です!!!

試食と感想

2本しかない量なのであっという間になくなりました。

サムギョプサルギンパ(삼겹살 김밥)は、韓国人はご飯と一緒にサンチュに肉を巻いて食べる習慣から発想された料理だと思います。

作る事も簡単で食べる事はもっと簡単(笑)なので皆さんも一度挑戦してみてください~~

週末、家族でピクニックを行くときのお弁当でもぜひおすすめします。

キムチは炒めたのでキムチ特有のにおいがあんまりしないし、豚肉だけどキムチが匂いと臭みをキャッチしてくれるのでさっぱりして本当においしいと思います。

もし、挑戦したい方で質問がある方はご遠慮なくお聞きください

また、作った事がある方のお話も聞かせてください。

今日の夕ご飯はサムギョプサルギンパ(삼겹살 김밥)で楽しい時間でした~~