JEWELRY(ジュエリー)14年目で活動中止!

韓国ガールグループJEWELRY(ジュエリー)

韓国ガールグループJEWELRY(ジュエリー)が結成14年ぶりに歴史の中に消えるようになりました!

所属事務所スター帝国は1月7日、報道資料を通じて「2001年3月に「愛している」という曲でデビューしたJEWELRY(ジュエリー)が2015年1月を最後に公式の解体をすることになりました」と公式発表しました。

JEWELRY(ジュエリー)のデビュー時から今までの歴史を調べてみました。

スポンサーリンク

JEWELRY(ジュエリー)1

JEWELRY(ジュエリー)は、2001年3月正規1集 ‘Discoveryを通じてデビューしました。

1期メンバーはパク·チョンア、イ·ジヒョン、チョン·ユジン、ジョンウンミで構成されました。

JEWELRY(ジュエリー)1期2期

JEWELRY(ジュエリー)2期

1集活動後チョン·ユジン、ジョンウンミがチームを脱退し、以降ジョミンアとソ·イニョンが新たにチームに合流しました。

2002年7月正規2集Againで安定を探して、1年後の2003年7月正規3Be lovedを発表し、タイトル曲「君が本当に好き」でヒットしました。
JEWELRY(ジュエリー)は、2005年正規4集「Super Star」で歌謡界頂上に上がることになりました。

ソ·イニョンの下半身を振るダンスが注目を集めて歌謡放送局1位を占めて常勝疾走しました。

しかし、2006年2月メンバーイ·ジヒョンが公式脱退をし、演技者に転向しました。

同年11月のメンバージョミンアもチームを去ってもう一度解体の危機を迎えました。

JEWELRY(ジュエリー)3期

2008年JEWELRY(ジュエリー)はイ·ジヒョン、ジョミンアを代わりにするメンバーを見つけるためにオーディションを開いた新しいメンバー、キム·ウンジョン、ハ·ジュヨンを迎えることができました。

JEWELRY(ジュエリー)3期正規5KItchi Islandを発表し、タイトル曲「One More Time」で華やかに始まりました。

中毒性のある歌と貫禄美があふれるETダンスはすぐに注目を集め、JEWELRY(ジュエリー)は第2の全盛期を迎えました。
しかし、一番年上のパク·チョンアとソ·インヨンは2010年2月チームを離れて、本格的なソロ活動を始めて

JEWELRY(ジュエリー)3期の時代も幕をおろさなければならかったです。

JEWELRY(ジュエリー)3期4期

JEWELRY(ジュエリー)4

スター帝国は、その2011年キムイェウォンと(スーパースターK1)出身バクセミを獲得してJEWELRY(ジュエリー)4期発足させました。

JEWELRY(ジュエリー)4期は(2011ー「Pass」)(2012年ー「Look At Me」)、「(2013)ーハトエンコールド(Hot&Coid)」などを発表して活発な活動を広げましたが、従来のJEWELRY(ジュエリー)のような人気を得られなかったです。
昨年3月にはJEWELRY(ジュエリー)のキム·ウンジョンが所属事務所スター帝国との契約が満了してチームをしました。

ハ·ジュヨン、バクセミも再契約せずに新しい所で活動する意思を伝えました。
JEWELRY(ジュエリー)は、波が多くても、国内最長寿ガールズグループとして多くのファンに長い間愛を受けました。

パク·チョンア – ソ·イニョン – キム·ウンジョン – ハ·ジュヨン – キムイェウォン – バクセミなどはJEWELRY(ジュエリー)の終わりを記念するために、久しぶりに集まって写真撮影を行いました。

JEWELRY(ジュエリー)の歴史を詰め込んだ写真は、インスタイル2月号(韓国雑誌)を通じて公開されます。

まとめ

JEWELRY(ジュエリー)は長い間、何回もメンバーが変わって解体するのかなと何回も思いましたが、

それでも14年も頑張ってきましたね!

本当にお疲れさまでした!

JEWELRY(ジュエリー)1期から4期までの皆さん本当にお疲れさまでした。

個人活動も応援します~~~~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする