キルミヒルミ(MBC水木ドラマドラマ)の1話が放送されました!

MBCの新しい水木ドラマドラマキルミヒルミが1月7日初めて放送されました。
7中人格者を演じるチソンと精神科レジデント1年目を演じるファン·ジョンウムの話をすこし紹介します~~~

キルミヒルミ(MBC水木ドラマドラマ)の1月7日初めて放送

1月7日の夜放送されたMBCの新しい水木ドラマ「キルミヒルミ」(脚本ジンスワン演出キム·ジンマンキム·テジン)1話では、

自分の内面に隠れている別の人格のために紆余曲折を経るチャドヒョン(チソン)の話が放送されました。

スポンサーリンク

別の人格のシンセギ(チソン)が存在

子供の頃、家族を交通事故で失い、炎に包まれた家で劇的に救助されているなど、不幸な運命の中に育った財閥3世チャドヒョン(チソン)。見た目は不十分な点がないようにに見えたが、彼には一つの秘密がありました。
過去、都県は養子縁組された友人ジェニファーが継父に暴力的な人格の「シンセギ(チソン)」を発現させた。

過去暗闇の中、誰かに脅威を受けた恐怖にチャドヒョン(チソン)が急変、ジェニファーの継父をしながら、他の人格を引き出しました。チャドヒョン(チソン)は「その時初めて知りました。私の中のモンスターが生きているという事実をわかりました。奴の名前は「シンセギ(チソン)」です。私と同い年で、こいつ表れたら周りがすぐに血の海のようになります」と説明しました

別の人格シンセギ(チソン)によって、韓国に到着

チャドヒョン(チソン)の内面の中にはシンセギ(チソン)をはじめ、多くの人格が眠っていました。
チャドヒョン(チソン)多重人格症状が発覚する前に米アメリカに戻るつもりだったが、祖母ソテイム(キム·ヨンエ)から経営権防御のために韓国に戻るように指示が下されました。祖母の指示で親戚のチャギジュン(オミンソク)が経営しているIDエンターテイメント副社長に就任しました。戻るタイミングを逃したチャドヒョン(チソン)はチャギジュン(オミンソク)が用意した歓迎パーティーで初恋ハンチェヨン(キム·ユリ)と再会、親しいチャギジュンとチェヨンをかすかに見ていた
チャドヒョン(チソン)は韓国行きを拒否しようとしたが、別の人格シンセギ(チソン)によって、韓国に到着してしまいました。

オリジン(ファン·ジョンウム)初対面

空港でチャドヒョン(チソン)は言い争いをするオリジン(ファン·ジョンウム)、オリオン(バクソジュン)の双子の兄妹と最初の出会いになりました。
一方、精神科レジデント1年目のオリジン(ファン·ジョンウム)は、突然病棟から消えた患者ホスクヒ(金知恵)を見つけるために、クラブパラダイスを訪れてそこから歓迎パーティーをしていたチャドヒョン(チソン)に会います。
しかし、チャドヒョン(チソン)は、患者ホスクヒ(金知恵)のウソにだまされ馬鹿げたことにオリジン(ファン·ジョンウム)を抑制しようとしたし、オリジン(ファン·ジョンウム)は彼に向かって怒りの背負い投げを見せました。

しばらくして現れたチャドヒョン(チソン)の姿はどこか違っていました。

怒りに満ちた隠れた人格シンセギ(チソン)が目を覚ますことになりました。
シンセギ(チソン)は、自分の立場で初めて出会った女性であるオリジン(ファン·ジョンウム)にいきなり告白の言葉を渡す姿を見せました。
オリジン(ファン·ジョンウム)は困惑するしかなかったです。

キルミヒルミ(MBC水木ドラマドラマ)のチャドヒョン(チソン)オリジン(ファン·ジョンウム)

まとめ

7中人格という独特の素材の「キルミヒルミ」は「死なないと生きていけない」というタイトルのように子供の頃の傷で

人格が区別された一人の男が傷で作られた偽りの自我を破って本来の自我を訪ねて行く過程を語る作品である。

俳優チソンが解離性人格障害を患う財閥3世チャドヒョンを、ファン·ジョンウムが精神科レジデント1年目のオリジンを演じます。

2話も早く観たいほど面白い内容ですね!

これからどんな展開を広げるのか本当に期待できますね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする