歌手SE7EN(セブン)がYGエンターテイメントと再契約できず・・・

SE7EN(セブン)と所属事務所YGエンターテイメントが、最終的に「美しい別れ」を選択しましたね!

YGエンターテイメントと再契約をせずに2013年3月に入隊したSE7EN(セブン)が
昨年12月に除隊して再びYGエンターテイメントと再契約に成るかどうか、関心が集まりましたが、両者は決別することになりました。
24日芸能界によると、セブンは除隊後、静かに休息をとっていました。
旧正月の連休が始まる前、YGエンターテイメント側と会って、再契約について意見を交わしました。
多くの話をした結果、両側はお互いのために相変わらず愛情を確認したけど、
再契約をしないことが互いのためによりよい選択であるという結論を出しました。

YGエンターテイメントの考え

実際YGエンターテイメントは、今年ビッグバン(BIGBANG)、サイ(PSY)
など大型歌手たちのカムバックを準備しています。
昨年、正常にローンチしたウィナーをさらに成長させなければならないし、
新人グループアイコンのデビューも控えています。
2NE1のCLのアメリカ進出も急いでいるようです。
エピックハイ、悪童ミュージシャン、イハイ、ジヌションなど他の歌手たちのびっくりカムバックも可能であるので、YGエンターテイメントは現実的に今のところSE7EN(セブン)のための集中的なマネジメントを提供することは困難な状況だと意見を伝えたようです。

SE7EN(セブン)の考え

SE7EN(セブン)

これをよく知っているSE7EN(セブン)は、YGエンターテイメント側に負担をかけないようにしたい心で、YGエンターテイメント側もSE7EN(セブン)をひたすら待たせることはできないと考えたと思われます。
これにより、SE7EN(セブン)は、YGの励ましの中に新しい覚悟で、今後の活動を模索するとおもわれます。カムバックを急がずに、十分な休息期を過ごした後、自分をよく知っている、気が合う人と手を握ると思われますね!

終わりに

SE7EN(セブン)とYGエンターテイメントは10年を共にしただけで、
お互いのために義理と愛情は相変わらず続くと観測されますね!
YGエンターテイメントは契約期間が過ぎたSE7EN(セブン)の除隊現場を訪れ車両を
提供するなど、力を加えました。
これからも協力しながら仲良い関係が続けるように応援します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする