韓国ドラマSPY(スパイ) 9話 ユンジン(ゴソンヒ)の心苦しいロマンス

スポンサーリンク

SPY(スパイ)9話、10話

KBS2金曜ドラマ「スパイ」(演出パク·ヒョンソク、脚本韓相云·川)で俳優ゴソンヒが劇中恋人キム·ジェジュンの安全の心配しながら、北朝鮮にいる自分の家族を見捨てることができない心苦しい状況を演出しました。

視聴者たちもゴソンヒの胸が痛む愛を観て涙を流しながら応援していますね!

 ユンジン(ゴソンヒ)の心苦しいロマンス

 2月6日放送されたKBS2「SPY-スパイ」でユンジン(ゴソンヒ)は作戦がキャンセルになったと何があるのかと訊くヘリム(ソヌ母)にソヌを愛する心は変わらないが、自分にも守らなければいけない家族がいるとみなぎる涙を我慢しながら固い姿を見せました。

しかし、北から新しい人がきたという重要な情報をヘリムに伝えて、ソヌ(ジェジュン)を守ってあげたい心を見せるユンジン(ゴソンヒ)の心苦しいロマンスを見せてくれました。
特にユンジンは、ヘリムの正体を知って苦しんでいるソヌ(ジェジュン)に慰めてあげました。
誰よりもソヌの事情をよく知っているユンジンだからこそ、心を痛めている姿で視聴者たちを悲しませました。

また、ソヌの妹のヨンソ(イハウン)を包摂するように新しい任務を引き受けたユンジンは混乱しながらも、北朝鮮に入る自分の家族のために意図的にヨンソ(ソヌの妹)に近づいて行くけど、悩んだ末に任務を中断してしまうようになります。ユンジンに別の試練が近づくことを予告してドラマの緊張感を倍加させていますね。

ゴソンヒは愛と家族の間で選択する必要がするユンジンの混乱な心を節制された感情演技で表現して、視聴者がユンジンの悲痛な状況にもっと没入できるようにしながら、愛する人と一緒にいる時は清純な姿で魅力を発散したり、スパイとしての任務を実行するときは緻密ながらも断固とした姿で反転魅力を見せてくれるのでドラマの緊張感をさらに高めています。

放送日時

KBS2「SPY-スパイ」は、毎週金曜日の午後9時30分から11時10分までKBS2で50分物が2回連続放送されます。

終わりに

私がコソンヒだったらどうしたのかな・・・・と考えてみました。

すぐ答えが出ないほど心苦しい愛ですね!

コソンヒがどこまでキムジェジュンを見守ってくれるかわからないけど、みんなが幸せになってほしいですね!