金曜ドラマSPY(スパイ) ソヌ(ジェジュン)の最も痛みを伴う諜報作戦を開始

金曜ドラマSPY(スパイ)の視聴率が下がって、ドラマの人気も下がるのかと思いましたが、

毎回のストーリはかなり充実しており、視聴者達に家族の会いに対してもう一度考えるようにさせたりする感動も伝えていますね!

2月6日に放送された9話をに押し詰めてみました。

 ソヌ

グループJYJのメンバー兼俳優キム·ジェジュンが最も痛みを伴う諜報作戦を開始しました。

シジェスエンターテイメントは、「2月6日に放送されたKBS2金曜ミニシリーズ「SPY-スパイ」(脚本韓相云川、演出パク·ヒョンソク)9話でキム·ジェジュン(ソヌ役)がペ·ジョンオク(ソヌの母役)の正体を知った後、一人で孤独で厳しい死闘に飛び込む姿が描かれて視聴者たちの反応が熱かった」と伝えました。

この日放送された「SPY-スパイ」9話からソヌ(キム·ジェジュン)は、ヘリム(ペ·ジョンオク)とギチョル(ユ・オソン)の出会いを目撃した後、ヘリムに対して本格的な疑いを持つようになりました。続いて、過去中国瀋陽事件の写真の中の人物や最近起きたソウル地下鉄テロ現場にいた人が、自分の母親という事実を知ることになり、衝撃と絶望に陥る姿で切なさを催しました。

ソヌ(ジェジュン)は衝撃に陥った中でも、ヘリムが服用している薬の分析をお願いしたり、素早く家に設置された盗聴器を除去するなど、冷徹で完璧な国家情報院要員の姿を現わしました。これは、表に出さないまま家族を疑わなければならないソヌ(ジェジュン)の秘められた寂しい心境を予感させており、さらに感動まで伝えてくれました。

出典:stoo.asiae.co.kr

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする