キム·ヒョンジュンは元彼女の妊娠を知っていた?!

キム·ヒョンジュンと交わしたチャット

出典:韓国国民日報

キム·ヒョンジュンは元彼女が結婚と妊娠説についてインタビューをしました。

ディスパッチ(韓国のメディアー)は25日、キム·ヒョンジュンの元彼女と単独インタビューを行ったと報道しました。
元彼女はインタビューでキム·ヒョンジュンとの再会、妊娠に至った過程などを詳細に説明してくれたそうです。
キム·ヒョンジュンと交わしたチャットの内容も公開してくれました。

元彼女によると、

二人は昨年11月に再び会って、12月31日までにほとんどの時間を一緒に過ごしたそうです。
元彼女は、キム·ヒョンジュンが自分の誕生日に合わせて花とケーキを送ったとし、
「その時、私の心が再び開いて、また愛するようになるだろうと感じました」と打ち明けました。
先月3日、妊娠の事実を知った元彼女は、二日後キム·ヒョンジュンに、妊娠の話を伝えました。その話を聞いたキム·ヒョンジュンは混乱したが、妊娠に対しては疑う事はなかったそうです。
先月10日、結婚するから嘆願書を入れてほしい!今までの事はすべて忘れ再出発しよう!というメールを送った事もあったそうです。
キム·ヒョンジュンは18日にもメールで子供の安否も尋ねたりしたそうです。
しかし、元彼女はキム·ヒョンジュンへの不信を克服できなかったです。

キムヒョンジュンの浮気?

先月2日、キム·ヒョンジュンが友人カップルと女性Bさんと旅行の間事実を知った元彼女は、

「自分と別れた期間にBさんに会うことも可能だったかも・・・」と自らを励ましました。
元彼女は、旅行から帰ってきキム·ヒョンジュンのバッグからBさんの持ち物を発見しものを自分の車に入れておきました。
元彼女は「ある日、車を整理する時そのモノを再発見して、突然の怒りでそのままパッケージングしてBさんに宅配便で送った」と述べました。
この問題で、二人は大きく喧嘩をしてその喧嘩がきっかけで、
元彼女はキムヒョンジュンと完全に分かれる決意をしました。
元彼女は「ただ悲しかったです。」とキム·ヒョンジュンが自分の見方ではないと考えたら我慢することができなかったと告白しました。

元彼女とキム·ヒョンジュンのお父さんとの関係

キム・ヒョンジュンの父との葛藤も問題だったそうです。
キム·ヒョンジュンの父親は、ご自分が決めた病院の特定の医師に元彼女が診療を受けることを望んだそうです。
元彼女に「超音波写真だけでは絶対に信じられない」などの内容のメールを送信することもあったそうです。

元彼女の決意

最終的には一人で子供を育てることを決意した元彼女は、
「キム·ヒョンジュンに責任を負わせない」とし、結婚式の計画はないと決意しました。

ディスパッチが公開したキム·ヒョンジュンと元彼女のチャット一部。

<1月9日>
元彼女:悲しいね…
キム·ヒョンジュン:私も、嬉しい事なのに悲しい気分が優先になるね、もうしわけない・・・・
元彼女:あなたの心も理解できる。
キム·ヒョンジュン:あまりにも複雑だ!私は軍隊行ってきたら、赤ちゃんは2歳だし、
その時はどうすればいいのか・・・このすべてが私を縛るようになりそう。

<1月10日>
キム·ヒョンジュン:なら、結婚するから嘆願書を入れてくれ。君の夫、前科者になりそうだ。
元彼女:突然どういうこと。
キム·ヒョンジュン:このまま罰金受けると前科者になる。罪が認められれば、犯罪者になると会社で言ってた。

元彼女:赤ちゃんと私の為ではなく、犯罪者になるのが嫌で結婚するというの?

キム·ヒョンジュン:いや、私たち赤ちゃんのためにも一生懸命いきる。さらに、このようなことに巻き込まれたくない。

          すべて忘れて君と私と前向きに考えよう。私、頑張る!結婚して幸せにしてあげる。
元彼女:頑張らなきゃ!。ところで急になぜ?。
キム·ヒョンジュン:うん、頑張る!私の子供と君のために頑張るよ。
          軍隊行って来る間に、私たちの赤ちゃんちゃんと育ててね!。

最後に

そうですね・・・以前も何回も紹介した内容ですが、キム・ヒョンジュンさんもイ・ビョンホンさんも芸能生活がある程度長い方たちなのに、

なぜ?このような事に巻き込まれるのか考えてみたいですね!

そちらの方達をとがめができる人達もいるし、応援する方達もいます。

私は、応援する方かな?とがめするほうかな?

どっちかと言ったら応援のほうかもしりません。

人間が動物と違う面は感情があるからだと聞いたことがあります。こんな事をやってもいいのか?このような話をしてもいいのか?

もう一度考えてから実践してたらトラブルはここまで大きくならなかったと思います。

二人の男性に言いたいことはこれ以上心に傷が残らないように早めに解決して欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする