イ·ビョンホンさんが処罰不願書を提出しました!

イ・ビョンホン

出典:TVREPORT

俳優イ·ビョンホンが自分を脅迫した疑いで拘束されたモデル·ジヨンとガールズグループGLAMのメンバーダヒに処罰不願書を提出しましたね!
イ·ビョンホンの所属事務所BHエンターテイメントの関係者は2月13日午後、
イ·ビョンホンが裁判所に処罰不願書を提出した。
相手側が合意を続けて要請した事項です」と話しを始めてくれました。
彼は「是々非々を話す前イ·ビョンホン自らも公人として不適切な部分に反省しています。

それで、今回の処罰不願書はイ·ビョンホン自ら望んで行われた事です。
これから裁判の結果はどうなるのか見守らなければならないようです」と話してくれました。

処罰不願書とは?

イ·ビョンホンが裁判所に提出した処罰不願書は、
被害者が被告人と円満な合意をして被告人の処罰を望んでいないという内容の
書類です。
すなわち、イ·ビョンホンがイ·ジヨンとダヒを善処するという内容のことです。
今回の事件はダヒとイ·ジヨンは去年6月にソウル江南区イ·ジヨンの自宅でイ·ビョンホンと一緒にお酒を飲んでいたのイ·ビョンホンがいかがわしいジョークを言う事をスマートフォンで撮影した後、これを公開すると言って、50億ウォンを要求した疑いを受けて、
裁判所からジヨンは懲役1年2月、ダヒは懲役1年を宣告されました。

いまさらなぜ?

イ·ビョンホンが処罰不願書提出した理由に対して色んな話がありますね!
今年の4月に妻イ・ミンジョンさんの出産があるから、早めに解決したかった理由と言う話をあるし、イ・ビョンホンさんの落ちてしまったイメージを持ちあげるためだと言う話もあります。
イ・ビョンホンさんがどんな考えで処罰不願書を提出したのか分からないことですが、
私の個人的な考えではイ・ビョンホンさんが処罰不願書を提出した事だけを観るとうれしいことだと思います。
まだ若いし、芸能人だし、特に女性の方なので、前科者に成るとこれから残ってる人生がいまよりもっと大変な時間になれるとおもいます。
もちろん、まだ結果が出たわけではないですが、処罰不願書が受け入れられてジヨンとダヒが被告人と言う名前を持たないようになってほしいですね。

最後に

遊びが遊びで終わらないで本気になってしまうと結果はかなしくなると思います。
誰がもっと悪かったとかの法律の判断をされる前に本人達が大人らしく反省して責任を持つなら、みんながもっと成長できると思うし、良い経験になってこれから大人らしくなれる思います。
今は、3人とも大変な時間を過ごしていると思います。
ぜひ、処罰不願書が受け入れられて3人とも早めに日常生活に戻ってほしいです。
応援します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする