SBS月火ドラマ「パンチ」最終回ーキム・レウォンの心臓をキム・アジュンに移植!

SBS月火ドラマ「パンチ」最終回

SBS月火ドラマ「パンチ」キム·レウォンがキム·アジュン(シン・ハキョン)を助けました。

2月17日放送されたSBS月火ドラマ「パンチ」19回(最終回、脚本パク·ギョンス/演出イ·ミョンウ)で、

パク·ジョンファン(キム·レウォン)が死亡しましたね!

まさか、、、と思いましたが、本当に最終回で亡くなりましたね!

ドラマだけど、涙が出るほど悲しかったですね!

パク·ジョンファンはユンジスク(チェ·ミョンギル)の殺人未遂の証拠映像をおびき出す事に成功しましたが、取調室で倒れました。

パク·ジョンファンの活躍でユンジスクは殺人未遂で、イ·ホソン(オン·ジュワン)は、殺人秘匿で捕らえられ、裁きを受けることになりました。

しかし、パク·ジョンファンは病院に移され、パク·ジョンファンの母親は、

「あなたは誇りに思った息子だった!この世界の他の人が何と言っても「パク·ジョンファンは私の息子である、私はジョンファンが母親だ」と言うでしょう。私の息子、私の子」と嗚咽しました。

娘イェリンが(キム·ジヨン)は「愛して愛してるパパ」と述べました。

パク·ジョンファンは脳死状態に陥っすぐに手術室に移さ、パク·ジョンファンの心臓は、心臓の損傷がひどいシン・ハキョン(キム·アジュン)に移植された。

SBS月火ドラマ「パンチ」をみて私が感じたのはいろいろありますが、

そのなかでも、悪い事をした人はいつかは事です。

また、最後まで頑張った俳優達やスタップの方にも感動的なドラマを作っていただいて本当に感謝しています。

これからも良いドラマをお願いしますね~~~