JYJジェジュン主演 韓国ドラマSPY(スパイ) 家族諜報ドラマで好評

韓国ドラマSPY

JYJのジェジュン主演の韓国ドラマSPY(スパイ)がストーリー、演出、俳優、キャラクターなどが完璧な4拍子調和をなすドラマで視聴者たちの絶賛を受けています。
KBS金曜ミニシリーズSPY(スパイ)(脚本韓相云、川演出パク·ヒョンソク/制作·アイ·アムチブイジエンコンテンツ、スタジオセブン)は、緊張感と家族愛を同時に伝える豊かなストーリー、感覚的な演出力、リアルな演技をする俳優たちと一緒に様々のキャラクターまで加わり、見るほどにハマるドラマで視聴者たちの間で「口コミ」に乗っています。
その理由を考えてみました!

新概念の家族諜報ドラマ ‘新鮮さ

SPY(スパイ)は、諜報極のスリルと家族劇の暖かさを同時に伝えるので視聴者たちをひきつけていますね!

お互いに知られてはならない秘密を持つのうち、ソヌ(キム·ジェジュン)を含む周辺人物たちが諜報員またはスパイという事実が明らかになり、極度の緊張感を抱かせているのに、ここで息子を騙さなきゃいけないスパイママの切ない母性愛が

だけでなく、毎回衝撃的な反転を繰り返しているストーリーは、視聴者から「スパイ」の俳優たちまでセリフとシーンの一つ一つを振り返って見るようにさせる底力を発揮している状況です。

特に韓国ネチズンたちの間では、原作「マイス(MICE)」の人物関係図と「スパイ」の人物関係図を比較して、

今後の展開を予測する新しい「ブーム」も起きているくらい大人気になりました。

パク·ヒョンソクPDの感覚的な演出力!

SPY(スパイ)口コミ熱風の最大の要因の一つは、パク·ヒョンソクPDの特別な演出の力でもあります。

予告編から本放送までSPY(スパイ)は、洗練された色彩の感覚的な映像と一本の映画を連想させる演出で注目を集めています。
毎回場面ごとに細かなディテールに家族諜報極のスリル指数を高めるのパク·ヒョンソクPD演出力により、

高クオリティドラマ という賛辞も続いています

さらに映像の色に応じて、バックグラウンド·ミュージックのトーンまで調節する極細演出力がドラマに対する没入度を倍増させているという評価が多いです~~~

俳優たちの名演技パレード!

SPY(スパイ)に集結した俳優たちは、それぞれ異なるキャラクターの魅力をリアルな演技力で消化しています

キム·ジェジュンは冷徹男とロマンチックな男の二重の魅力をしっかりと表現して女心をひきつけています。

また、強靭な母役のペ·ジョンオクは、切々たる母性愛とともに「スパイママ」のアクションシーンまで見事に消化して絶賛を受けています
特有のカリスマを加減なく発揮しているユ·オソンは登場だけでも圧倒的なオーラを充満に出す存在感を表現して、

ゴソンヒは清純と一緒に痛みを隠してきた深みのある内面演技を完熟した演技力で表現しています

国家情報院要員から様々なスパイたちまで様々なキャラクター!

SPY(スパイ)に楽しみを増していることの一つは、様々なキャラクターであると思います。

天才エリート国家情報院要員から元スパイ出身の母、血も涙もない冷血スパイ、清純スパイなど明確な個性があるキャラクターが視聴者たちの目を離すことができなくしています。
特に劇中でキム·ジェジュン、ペ·ジョンオク、ゴソンヒなどの主要人物全員と絡まっているユ·オソンはネチズンの間で、劇中の名前である「黄耆鉄」に「死神」を合わせて作ったニックネーム「황승사자-ファンスンライオン」と呼ばれるほど大人気を受けています。観る人を魅了させるリアルな悪役キャラクターが視聴者たちの熱い支持を受けているわけですね!

終わりに

韓国の国の、このような事が実際に起きる可能性はあるかも知りません。

でも、実際に何十年も自分を騙してきた事をわかる瞬間はうら切られた気持ちになると思います。

最近、韓国ではSPY(スパイ)の影響で自分の回りの人達をもう一度確認したりするほど大人気ですね!

先週からソヌの妹のヨンソがしょっちゅ出るようになったのが気になりますね!

最後はヨンソもスパイだったら本当に反転魅力たっぷりのドラマになると思います。

明日もSPY(スパイ)の情報を伝えますね~~~