パク·ヒョシンが来月12日の財産隠匿論議で初公判になります。

歌手パク·ヒョシン(34)が債務の強制執行逃れの疑いで、初めて法廷に出ます。
21日、裁判所によるとソウル西部地裁刑事11単独は来月12日、債権者の強制執行を免れるために財産を隠匿した疑い(強制執行免脱)で起訴されたパク·ヒョシンの初公判を開かれます。

パク·ヒョシン

事件の概要

以前所属会社インターステージと専属契約問題で長い法的攻防を繰り広げたパク·ヒョシンは、

2012年6月、最高裁でインターステージ15億ウォンを賠償するよう確定判決を受けました。

しかし、インターステージは、判決後にパク·ヒョシンが数回の財産の追跡と差し押さえ措置にも15億ウォンを賠償することなく、新しい所属事務所から受け取った契約金も隠匿したとして、2013年12月、警察に告訴状を提出しました。

パク·ヒョシン側の主張

当時パク·ヒョシン側これに関連し、「賠償判決が確定した後、賠償金と法定利息をどうしても個人的に弁済することができなくて、

個人再生の申請をしたが、否決された」とし「以後現在の所属事務所の助けを借りて債務を完済するほど違犯の意図はなかった」と容疑を否認しました。

検察の無嫌疑に結論

実際のパク·ヒョシンは、現所属事務所の助けを借りて、昨年3月に釜山地裁に債務額を供託する方法で、30億ウォン以上の借金と利子の両方を清算したことが分かりました。

警察は、起訴意見でパク·ヒョシンの事件を検察に送致したが、検察が無嫌疑で結論を下げながら、事件が一段落しているようでしたが、

ソウル高等検察庁が再捜査の必要性を確認して来社した後、無嫌疑処分を起訴猶予に変えて処分しました。

それによって原告側は制定申請を出して、裁判所は原告の裁定申請を一部受け入れて検察に公訴提起を命じました。

所属会社発表

コンサートのほか公開席上に姿を見せる事を嫌がっていたパク·ヒョシンが法廷でどんな話をするか関心が集められています。

現所属事務所の関係者は「パク·ヒョシンは今後進行される裁判に誠実に臨む予定」とし「これとは別に、今後予定されてコンサートなどの日程は滞りなく行う」と明らかにしました。

最後に

事件事故が多い芸能界ですね!

一日も早くお互いに円満に解決されて欲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする