「ザ・キング-永遠の君主」イ・ミンホの萬波息笛って何?

こんにちは~~

現在ネットフレックスでご視聴可能な韓国ドラマ「ザ・キング-永遠の君主」で、

イミンホさんがマンパシクジョクが平行世界カギだと言いますが、
この言葉の意味をご存知でしょうか?

韓国人でも難しいこの用語の「マンパシクジョク」っていったいどんな意味でしょうか?

スポンサーリンク

マンパシクジョクって何?

만파식적,萬波息笛,ザ・キング-永遠の君主

出典:https://terms.naver.com/entry.nhn?docId=959664&cid=47312&categoryId=47312

マンパシクジョク(ハングルの読み方)

ハングル:만파식적

漢字:萬波息笛

萬波息笛説話に伝える一種の横笛ある。
「三國遺事」によると、新羅第31代神文王は父親の文武王のために東海辺に感恩寺を建て追悼したが、死んで海龍になった文武王と天神になったキム・ユシン(金庾信)が心を一つにして龍に東海中ある島に竹を送りました。
この竹は昼は割れ二つになり、夜には合わせて一つになるから、王様は、この奇妙な事を聞いて現場に挙動しました。

このとき現れた龍に王様が竹に関して聞くと、龍は「比べてみると、片手では、どの音も出せないが、両手が合うと十分音が出るのでは、この竹もまた合わせ後に音が出ることです。また、大王はこの声音の道理で天下の宝になるだろう… 」と予言して消えた。
王様がすぐにこの竹を切って笛を作って鳴らしたら、国のすべての心配・不安が解決されたである。
そして、この笛を国宝にしていしたが、孝昭王とき失われたが偶然的に見つけた後、

名前を(萬萬波波息笛)と固定したとする。
大笒の起源をこの萬波息笛に置く人もいるが、すでに以前に三竹があったことが明らかになりました。
この説話は、新羅が三国統一後、散在していた百済と高句麗流民の民心を統合して、国の安定を図ろうとしていた護国思想が込められている。

最後に

少しでも理解できたでしょうか?

実は、私も今回初めて聞いた言葉でいろいろ探しながら調べながら勉強しました。

結論を簡単に言うと新羅時代に三国の統一をした後、百済と高句麗流民の民心を統合して、国の安定を図ろうとしていた護国思想が込められている説話の中の主人公ですね!

簡単に言うと
護国思想とすべての政治的不安が真になって平和が来るのを願う新羅人の願いが込められている。横笛!!(笑)

と言う事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする