CNBLUEチョン・ヨンファ検察に召喚されました。

スポンサーリンク

CNBLUEチョン・ヨンファが検察に召喚された理由

CNBLUEチョン・ヨンファが自分の所属事務所FNCエンターテイメントの未公開情報を事前に知って差益2億ウォンを残した疑いで検察に召喚されました。
これに該当情報に記載されたユ・ジェソクのスカウト当時から現在までの状況が照明されています。

CNBLUEチョン・ヨンファ

所属事務所なしで約5年間一人で放送活動をしてきたユ・ジェソクは昨年7月親しいコメディアンソン・ウニ、チョン・ヒョンドンが所属するFNCエンターテイメントと所属契約をしました。
当時FNCエンターテイメントの株価は、ユ・ジェソクのスカウトを発表以来、一株当たり約20,800ウォンから27,000ウォンに急騰しました。

プログラムの死活を左右する大物放送だったユ・ジェソクのスカウトと関連して、
様々な噂が回ることもありました。
代表的は噂は、ユ・ジェソクの専属契約金として50億ウォンが支給されたという噂がありますが、ハン・ソンホFNC代表は「噂に過ぎない」といったこともあります。

金融監督院の電子公示によると、当時、FNCがユ・ジェソク、チョン・ヒョンドン、ノ・ホンチョル、キム・ヨンマン、ジ・ソクジンなど専属契約し支給した契約金は84億3200万ウォンであり、FNCエンターテイメントは、その後のラッパーイノベーター、俳優チョン・ジニョン・バクヅシク・エリヤ、キム・ウォニ・ムンジエなどの各分野を代表するスターをスカウトして会社を大きく建てました。

FNCはFTアイルランド、CNBLUE、AOA、エンフライングなどの歌手をはじめ、イ・ドンゴン、パク・クァンヒョン、ジョ・ジェユン、ジョン・ウ、ソン・ヒョク、ユン・ジンソ、ギム・ミンソ、ジョン・ヘイン、キム・ソヨン、グァク・ドンヨンなど俳優たちが属しています。
また、FNCはユ・ジェソク、キム・ヨンマン、ソン・ウニ、チョン・ヒョンドン、ノ・ホンチョル、イ・グクジュ、ムン・セユンなどのスター放送人が所属する総合エンターテイメント社として大きく成長しました。

その結果、FNCはコスダックに上場してから2年もたたずアルバムと公演製作、マネジメント、ドラマ制作などの成果を成し出し、総合エンターテイメント社としての地位を固めたという評価を受けました。

一方、ソウル南部地検金融調査2部(部長検事バク・ギルベ)は、資本市場と金融投資業に関する法律違反の疑いで28日チョン・ヨンファを被疑者の身分で召喚して調査しました。

検察によると、チョン・ヨンファは昨年7月、知人と一緒に4億ウォンをかけて、自分が所属する芸能企画会社の株式2万くらいの株を買いました。
数日後、有名芸能人が迎え入れられ、株価が急騰すると、株を売却し、2億ウォンの差益を残しました。
検察は、チョン・ヨンファが外部に知られていない「未公開情報」を利用して株式を買ったが売って不当利得を取りまとめをする可能性が高いと見ているようです。

チョン・ヨンファの所属事務所の立場

チョン・ヨンファの所属事務所FNCエンターテイメントの関係者は、
「検察の調査中の事件であるだけに事件の内容に言及することは適切ではないと判断した。捜査終結になると、その時の詳細立場を明らかにする」と伝えました。

出典:sports.hankooki

最後に

えええ??まさか!

本当に驚きましたね!

ファンの皆さんもかなり心配しておると思います。

チョン・ヨンファさん、頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする